2008年02月29日

歩きにくい路面

札幌|写真

一気に6度まで気温が上がった29日、札幌の積雪量は106cmから86cmまで一気に減りました。
溶ければ大量に融雪水が出るわけで、至る所に大きな水溜りが出現。

ただの水溜りならいいんですけど、20cmも一気に溶けたので水溜りの規模がデカく&水深が深く、歩行者にとっては最悪な路面状態でした。
(写真は北大・北13条門前)


★続きを読む
posted by cocho at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

札幌の積雪量は106cmに!

札幌|雪道|写真

28日午前4時に札幌の積雪はこの冬最高の106cmに達しました。
この時期に札幌の積雪が100cmを越えるのは、2000年と2005年に続く3回目のことだそうです。

去年の同時期の積雪量は55cmだったそうなので、今年はほぼ倍ですね。
道端の除雪の山はすでに高さが2m以上になっているところもあります。


★続きを読む
posted by cocho at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌駅に続く雪壁

札幌|雪

積雪量が増えて除雪車が通った後、札幌ではこんな巨大な雪壁が道路の脇にズラーっと並びます。
横断歩道以外の場所で道路を横断しようとする時は、雪壁の間からそーっと右左を確認して横断します。
いつ雪壁の間から人が飛び出してくるか分からないから、ドライバーの方も怖いのではないでしょうかね。


★続きを読む
posted by cocho at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

除雪車

札幌|除雪車|写真

札幌では一冬の間に5メートル以上の降雪があります。
100万人以上の大都市でこれだけの降雪量がある街は、世界中を探しても実は札幌市ぐらいしかありません。
そういった意味では、札幌は非常に特異な都市でもあります。

これだけの降雪量があっても、降雪によって札幌の都市機能が麻痺しないでいられるのは優れた除雪体制が整備されているからという事が理由として挙げられます。

私の地元の名古屋では、積雪が2センチにでもなろうものなら、鉄道は運行停止、道路は至る所で大渋滞で街が大混乱になります。
その点札幌は雪で鉄道が止まることはめったにないし、自動車もスイスイ走っているし、さすが雪国の街だなぁと住み始めた頃は感心していました。


★続きを読む
posted by cocho at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落雪注意の看板

北海道|札幌|雪国の生活

札幌では積雪が増えてくると、写真のような「落雪注意」と書かれた看板が街の至るところに現れます。
雪国ならではの風景ということで、写真に収めてみました。

10階建てぐらいのビルの下にもこういう看板が置かれています。
そんな高い所から落雪があったら結構な衝撃になると思うんですけど、そんな現場を目撃した事もないし、怪我をしましたという話も聞いたことはないですね。


★続きを読む
posted by cocho at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。