2008年02月29日

歩きにくい路面

札幌|写真

一気に6度まで気温が上がった29日、札幌の積雪量は106cmから86cmまで一気に減りました。
溶ければ大量に融雪水が出るわけで、至る所に大きな水溜りが出現。

ただの水溜りならいいんですけど、20cmも一気に溶けたので水溜りの規模がデカく&水深が深く、歩行者にとっては最悪な路面状態でした。
(写真は北大・北13条門前)



札幌|写真

とにかく路面がグチャグチャ。
水溜りよりはマシなんですが、歩きにくい・・・。



札幌|写真

場所によっては、走行中の車の水はねにも注意しながら歩かないといけませんでした。

これからの札幌は、雪が降る→すぐに溶ける→路面がグチャグチャといった流れを繰り返しながら徐々に積雪量が減っていきます。



ランキングに参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村
人気ブログランキング






ラベル:写真 北海道 札幌
posted by cocho at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント酷い道路でしたね。
雨水マスはどこも氷の下になって水の流れる場所がなくこんな事になってしまいました。
私、氷割りするの好きで、それ以上に水たまりの水を溝を作って流すのがもっと好きです。ある程度のお金をくれたらずぶ濡れになっても一日でもやりますよ(笑)
Posted by BEM at 2008年03月02日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。