2008年01月26日

白銀の中央ローン

北海道大学|中央ローン|写真

24日の大雪の時に、北海道大学内の中央ローンを見に行ってきました。
真っ白、そして分厚く積もった雪原の真ん中にゆったりと蛇行したサクシュコトニ川が浮かび上がっていました。

それにしても、1月に入ってからはホントによく雪が降りますねぇ。



北海道大学|中央ローン|写真

北大の正門へ続く道。
辺り一面が降りたての深い新雪で、至る所に深いわだちができていて歩くのも一苦労でした。



北海道大学|中央ローン|写真

中央ローン横のクラーク像です。
もう銅像の正体が誰なのかよくわかんないです。



関連サイト
癒しの空間@北大|Webで知る北海道大学

ランキングに参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村
人気ブログランキング






posted by cocho at 02:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
もうクラーク像は、本当に何がなんだかわからないですね♪
今年の夏に北海道に旅行に行きましたが、そのときに泊まった宿の女将さんに北海道に旅行に来るなら冬の時期をすすめられましたが、この雪を量を見るとちょっと考えさせられますね。実際どうなのかなぁ!?
Posted by 札幌市旅行 at 2008年02月06日 22:33
こんにちは。
そうですねぇ、自動車を運転するとなると冬場は日によって路面状況が大きく違うので、旅行するには大変かもしれないです。

ただ、やっぱり雪景色はとてもきれいですよ。
市街部はきちんと除雪が行われているので、深い雪の中に足を突っ込んで歩かなければならない、といった事はないですよ。
Posted by cocho(管理人) at 2008年02月09日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。