2008年01月15日

スリップ防止剤は誰が散布?

札幌|スリップ防止剤|写真

普段歩かない場所を歩くと新しい発見があります。
今回の発見は、幌平橋のすぐ西側にあったスリップ防止剤の箱
僕が住んでいる地区では、スリップ防止剤の箱は見たことがないです。

札幌の交差点付近の歩道には、歩道用の滑り止め用の砂が保存してある箱が置いてあって、歩道や横断歩道が滑りやすいツルツル路面の時には、その箱から砂を取り出して路面に砂をまくのです。
こういう作業は市民が一般的に行っている作業です。

さて、このスリップ防止剤っていうのは誰が道路にまくのでしょうか?
クイズ形式みたいですけど、僕はその答えを知りません・・・。
やっぱり市民なのか?、それとも道路管理者の札幌市または北海道開発局の担当者なのか??



札幌|スリップ防止剤|写真

道路にロードヒーティングが設置されていれば、こんなスリップ防止剤なんて別にいらないんですけど、最近のご時勢ではそうはいかないようで・・・。

ロードヒーティングはやっぱりコストがものすごいかかるんです。
新設するのはもちろんのこと、維持費がとにかく高いそうです。
しかもロードヒーティングの寿命自体がかなり短いので(5年ぐらいと聞いたこともある)、かなりの頻度で交換しないといけないのです。

こんな背景から、財政難の札幌市もロードヒーティングを削減する方針を打ち出しており、去年も札幌市の何箇所かでロードヒーティングの撤去工事が行われました。
(幌平橋の東側でも撤去工事が行われました)

10年後ぐらいには、ロードヒーティングが埋め込まれた道路もかなり少なくなるんじゃないでしょうか。



ランキングに参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村
人気ブログランキング






posted by cocho at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雪国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歩道に置かれているものは歩行者が自由に使って良いようですよ。したことはありませんが、もしスリップするような状態ならドライバーも中の砂を撒いて滑り止めにしていいはずです。わざわざ車を降りてまでする人は少ないのかもしれませんが。
あと、スベラーズボトルというのをご存知ですか?ペットボトルに砂を入れて滑りそうな場所に砂を撒きながら歩ける様にする携帯型の砂入れですよ♪
Posted by BEM at 2008年01月17日 10:03
BEMさん、こんばんは。

へぇー、スベラーズボトルという名前がちゃんと付いているんですか。
ペットボトルを使って砂を撒いている人は見たことがありますが、
そんな名前が付いているとは知らなかったです。

またひとつ勉強になりました!
Posted by cocho at 2008年01月19日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。