2006年12月27日

古河記念講堂

北海道大学|古河記念講堂|写真

北海道大学内にある古河記念講堂です。
1997年9月に国の登録有形文化財に指定された、歴史的価値のある建築物です。

古河記念講堂が建てられた経緯は、昔勉強したであろう足尾銅山鉱毒事件にまでさかのぼります。 当時、足尾銅山を経営していた古河財閥は、この鉱毒事件によって社会から大きな非難を浴びていました。

その非難を和らげるため、古河財閥の顧問で当時内務大臣であった原敬の勧めで、古河財閥は政府に帝国大学創設費として100万円を寄付したそうです。

その100万円のうち14万円が北海道大学の前身である東北帝国大学農科大学に分配され、そのうち3万円を使って1909年11月にこの古河講堂が完成したのです。

ずいぶんと説明が長くなってしまいましたが・・・。
冬の古河講堂が1年の中で最も綺麗な気がします。
絵になる建物だわぁ〜。



関連サイト
癒しの空間@北大|Webで知る北海道大学

ランキングに参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村
人気ブログランキング





posted by cocho at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。