2006年11月06日

大野池(ひょうたん池)

北海道大学|大野池|ひょうたん池|写真

北海道大学の理学部と工学部の間に位置する大野池(通称:ひょうたん池)です。
イチョウ並木の写真を撮ってきたついでにここも撮影してきました。

昔の大野池は、ゴミ捨て場のような汚い池だったそうですが、
昭和40年代後半に、故大野和男・北大工学部建築工学科教授を中心として現在のようなきれいな水辺の空間に整備されたとのことです。
その功績を称え、大野池と呼ばれるようになったそうです。

大野池のすぐ北側の建物は、大野教授が属していた建築工学科(現在の建築都市学科)の建物なので、きっとそこの窓から汚い池を見て大野教授は池を改修することを決めたんでしょうね。

北海道大学|大野池(ひょうたん池)|写真

こちらは、大野池のアイドル的存在のカルガモです。
たまーに、北大の真ん中を貫くメインストリート(メンスト)を横切って、大野池の反対にあるサクシュコトニ川の方へ移動してます。

車に轢かれないか心配で、道路を横切るのを見ているとドキドキしてしまいます。



関連サイト
癒しの空間@北大|Webで知る北海道大学

ランキングに参加中 クリックお願いします!
にほんブログ村
人気ブログランキング






posted by cocho at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
大野池の大野とは、整備に関わった先生の名前なんですね。
ひとつマイトリビアが増えました。
Posted by water at 2006年11月06日 19:49
waterさんこんばんは。

私もこの大野池の記事を書くにあたって
ネットで調べて初めて知ったんですよ。

個人的には、12へぇ〜ぐらいでしょうか(笑)
Posted by cocho(管理人) at 2006年11月09日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。